Design & Illustration

‘2010年09月04日’ / 日々

素敵な本をみつけた。
『女湯に浮かんでみれば。』(堀ミチヨ著•新宿書房)
昔、神保町という古本の街にときどき行く喫茶店があった。
古くて大きなスピーカーとずっしりとした彫刻や絵。
そこを久々に訪れた際、お店に置いてあって手に取った本。
これがとっても面白い上気骨を感じる。
うーんと唸って結局買って帰ろうとしたら、そこの店員さんが
自分の著作だと照れくさそうににっこりしていた。
わあ…と思わず何とも言えないうれしい気持ちが広がった。
「今宵も 元気な 女湯世界
 出逢いと 事件の 遊楽エッセイ」 ー帯よりー
銭湯にまつわるエッセイで、元気なおばちゃん、おばあちゃん達が
沢山でてきてクスクス笑ったりシンと考えさせられたり。
よいこらしょっと 垣間みてみる。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)