Design & Illustration

中国新聞挿画 19

‘2012年11月30日’ / お仕事

121130_0826~01.jpg
中学生の男の子を再生へと導いたのは、諦めることなく見守った陸上部の先生だった。
結びに西田園長はこう書く。
「さまよう子どもを救うには愛が全てではない。
ただ、愛がなければ何も始まらないのも、また真実だと思う。」
(中国新聞コラムより・西田篤著)
大袈裟なことばは要らず、本当に と頷くことの多い体験をこのお仕事ではさせて頂いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)