Design & Illustration

ネギのデッサン

‘2011年01月24日’ / 日々

110124_1132^00.jpg
大好きで 手が冷えて 汗が出て 身体も声も震えるのにドキドキしてたまらない

そんな人が 経験が ありますか?

私はあります。

尊敬し過ぎてもいい うまく伝えられなくてもいい

ただ、その人に依存しない。
ルールです。

だけど、そんな人達が星のように時々いて、身近な私の宇宙を広げてくれているのも確かな気がします。

(たまたまその中のお1人に会って動揺した自分を振り返り)

幾人かの人々と一緒に、舘岡先生の支援学を学んでいます。

軸はいつも自分におくこと。教えてもらう、受けとること大切さ。柔らかな甘さ。

翌朝気持ちがふわふわしていて、さあ仕事!と窓を開けたらおじいさんが畑のネギを駐車場の棚に置いているのが見えました。

走ってその太くて白いネギを買いに行き、(100円)焼いて食べたら甘くて 元気が身体に入っていくのが分かりました。

誰にもならず、私は私になる。
甘くて美味しい 今朝のネギをつくるおじいさんのような人に。

自分の周りにいる人達と 何が私に出来るかな…と考えてみたら、大きいとか小さいとか 怖いとかすごいとか どうでもいい気がしてワクワクしてきました。

そして今は、とにかく漢方の続き…
1つ1つ いま出来ることを!

2 thoughts on “ネギのデッサン

  1. たえさん、昨日はおつかれさまでした!同じ班だった松本です。
    私は昨日は冷や汗でまくりの一日でした・・・が!とても充実した時間でしたね。
    たえさんと話してて、自分も同じだと思うことがあってうれしくなりました。それにたえさんのやわらかいけど芯のある雰囲気すごくいいなと思いました。
    どんどんよい変化が起こりそうですね。私も内なる声に耳を傾けてみます。
    次お会いできるの楽しみにしてます★

  2. あゆみさ~ん ありがとう!
    みんなどんどん気持ちよくなっていきますね。きっと。
    こちらこそまたお会いする日を楽しみにしてます。春ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)