Design & Illustration

ふかきんか(顎の動きを感じる言葉)

‘2010年03月02日’ / 日々

100120_1803^01.jpg
歩が 金になる。
歩は 金である。
歩である金は 自分を誰だと思っているのかな
そんな事はきっと どうでもよくて
その時の歩や金をやるだけだ。
洗面所でバラの香りがして、河で何度も潜っては踊る黒い鳥をみた。
伝えた事が伝わった手紙を受け取り、蜂蜜のようなクリームをもらってプールに行こうと決めた。
いまが歩か金か 歩か金には分からなくていいのかも知れない。

2 thoughts on “ふかきんか(顎の動きを感じる言葉)

  1. 取り合えず将棋の話なら「歩」は「ふ」ですよ。
    歩から金になった金は「と金」ですから、歩から金になった金だと自覚してるんじゃないですかね。
    変わっても変わらない、変われない物だって感じ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)