Design & Illustration

河手美綾子さんのつくるもの

‘2012年09月22日’ / 日々

120907_1844~01.jpg
麻のcanvasに染色で絵を描く彼女の作品展が以前にも書いた青山401と言うギャラリーであった。
何と書いたら良いのだろう…
この人がいなかったら わたしの価値観やすきなもの、変わっていた。
どれだけ教えてもらったかわからない。
つくづく 自分などほとんど無いのだ。
ただ言えることは すきな人の近くには、すきなものがあることが多い。
そして逆も。
すきなものをつくる人はどんな人、と言う。
彼女の結晶みたいな作品は 本当に本当に 膨大な彼女のすきなものの一部。
天分について学んでいると どうやらそれは、形や職業で分かりやすく表れる人もいるけれど それはたまたまで それ自体はそう言うものではない気がする。
だって知らないしわからない。普通。
この人がどんなに凄い嗅覚と味覚 知識を持っているか
悩み方や取り成し方、立ち姿1つとっても皆違う。
だからわたしは たくさんの人や作品、知識を知らないし 出会って大事だと感じた1つ1つを深く知ろうと思う。
彼女の作品は そんなわたしを構成する、とてもすきなものであり 大事な人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)