Design & Illustration

プラネタリウム

‘2008年08月11日’ / お仕事

このお知らせが遅くなってしまいました。
6月から8月まで(2008)上映されている、
広島市こども文化科学館のプラネタリウムの夏の番組の絵を描かせて頂きました。
今回のお仕事は、科学館のキャラクターを描いたり、星座の神話(竪琴の名人・オルフェウスのお話)の絵などをつけたり、色々描かせて頂きました。
来年は、ガリレオが生まれて400年なんだそうで、今回は地動説についてのお話が主軸でした。
広島のプラネタリウムの機械は、日本でも現役で動いているのは数台しかないという旧型タイプで、大きなタコみたいな重厚感がたまらなくかっこいいです。
お掃除の日に見学させて頂いたら、その1つ1つのネジや歯車を丁寧にメンテナンスする方々がいらして、もう生き物でした。
やっぱりその方達にとっては、たまらなく愛しい存在なんだそうです。
私も何度みても、惚れ惚れとしてしまう立ち姿です。
(実際みんなが見上げるのはドーム上のスクリーンの星やアニメーションで、それを映している機械は見ようとしなければあまり目には入らないのですが…)
ゆっくりとしたアニメーションのような、番組。
季節ごとに番組が入れ替るので、もし星のことを知りたくなったらお立ち寄り下さいませ。(秋や冬になったらまた違う方が描かれていますので、これまたお楽しみに!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)