Design & Illustration

コミュニケーション講座の中で

‘2012年10月04日’ / 日々

121004_1228~01.jpg
宮島の町屋・すみれ草にて広島県社会福祉協議会主催のコミュニケーション講座があり ご縁があってお食事をケータリングを各地で行っているようこさん わたしはコミュニケーション講座(コンサルタントの堀中先生)研修の前後にヨガを担当させて頂きました
どきどきしながらも風通しの良い秋晴れで窓を開け放ち 気持ちいい1日が約20名の方々と畳みの広々した古いお部屋で過ごせました
普段福祉のお仕事に携わる方対象の講座ですから 家に1つでも持って帰って頂いてほぐす知恵のお役に立てればなぁと メニューを組み、小さなヨガメモをお土産にお渡ししました
お食事は宮島で作られたお野菜中心の、色とりどりのプレートランチと豆乳スープ。
おやつやお茶も、身体の浄化作用の高いメニューを心尽くしに考案してくれ 受講者のお客さん達にも大好評でした
(おやつに宮島産ブドウや焼きたてのもみじ饅頭まで!)
それぞれ違う場所で普段違うことを違う動きでしている者同士でも ある共通の価値観さえ確認し合えたら驚くべきスピードで的確に仕事が進んでいく と感じました
堀中先生の心理学を中心とした講義は様々な事業所で既にたくさんやってらっしゃるので、その時間配分や流れ 和ませつつも喋りの速さは(やはり関西人!)さすがで、お料理やわたしの感覚的な仕事運びとのアンバランスが組み合わさって 科学反応がとても良い具合に働いたとわたしには感じました
(アンケート結果でも皆さんご好評頂いていました)
他でも実は研修のお手伝いをしたことがありますが、やはり四角いものと風通しのよいもの 柔らかいものが掛け合っている時の差異による面白い結果や時間 そういう瞬間を目の当たりにするのがわたしは好きです
要は大切な目的がどれだけお客さんに伝わるか
やり方は1つではない。
やっぱりデザインやらと同じなんだなぁ と思うのでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)